電子タバコとは?

電子

電子タバコの歴史と概要

電子タバコの始まりは2003年に香港の会社が始めて開発したといわれています。

その次に、ヨーロッパなどに広まりました。
欧米は、タバコの価格が高く、ひと箱1000円前後もしており相対的にみると確実に
電子タバコが安価であり、使い捨てではなく経済的かつ自然にやさしいタバコ代替え商品として注目されています。
 
電子タバコは専用カートリッジ内の液体を電気的に霧状化し、吸引することでタバコをすっている感覚を味わうことが出来きます。一般的なタバコとは異なり、火を使わず、燃焼に伴うタールや一酸化炭素も発生せず、副流煙や自身の健康を害する事もないものです。

欧米では、ニコチンを入れて使用することもありますが、日本では禁止されております。

北海道旅客鉄道等では、他の利用者の喫煙を誘発するなどの理由で喫煙が禁止されています。

電子タバコに対する認識がまだまだ浅い部分は多々ありますが、これから禁煙をされる方にはオススメの商品です。